友人代表・スピーチの挨拶~好まれる長さや内容~

HOME » 披露宴での注意事項 » 友人代表・スピーチの挨拶~好まれる長さや内容~

友人代表・スピーチの挨拶~好まれる長さや内容~

結婚式でスピーチをする時は、正々堂々とした態度で臨みます。 背中を丸めて目線を下に向けてしまうと、「本当に祝う気があるのか」と疑われてしまうからです。 マイクから口までの距離は、15cm〜30cm前後が理想です。 近づきすぎると声が大きくなり、逆に離れすぎるとマイクに声が届かなくなります。 スピーチの時はゆっくりと、はっきりと話します。 早口にならないように、気をつけて下さい。

スピーチ時間の長さ

スピーチ時間の長さ スピーチの理想的な長さは、3分〜5分前後です。 文字数に換算すると900文字〜1500文字前後です。 10分以上の長いスピーチとなると、招待客は飽きてしまいます。 後のプログラムにも差し支えが出てしまうので、出席者に迷惑がかかります。 逆に1分以内の短いスピーチも、おすすめできません。 長いスピーチよりも短いスピーチの方が好まれるものの、短過ぎると内容の薄い結婚式になってしまいます。 スピーチの時間で丁度いい長さこそが、3分〜5分前後です。 3分だけでは短く感じられるかもしれませんが、新郎新婦を引き立てるには十分な長さです。

スピーチ内容

スピーチ内容 スピーチの内容は、新郎新婦の人柄について話します。 主役を褒める内容になるのがほとんどですが、褒めるにしても「限度」があります。 褒められて嫌な人はいないとは言うものの、褒められ過ぎると本人はバツ悪く感じます。 同じ褒めるにしても、「世界的な賞を受賞した」というよりも「社内で好評だった」ぐらいに抑えておくのが無難でしょう。 そしてスピーチの最後には、「これから◯◯さんと2人で支えながら、素敵な家庭を作って下さい」と、2人へメッセージをおくって下さい。

当日の挨拶・祝儀袋の渡し方