結婚式での服装マナー【女性編】

HOME » 結婚式の下準備 » 結婚式での服装マナー【女性編】

結婚式での服装マナー【女性編】

結婚式で招待を受けた時に女性が気をつけておきたい服装のマナーは、花嫁よりも目立たないことです。 主役はあくまでも新郎新婦であり、招待客ではありません。 折角の場だからこそ、綺麗なドレスに身を包みたい気持ちもあるでしょう。 でも主役より目立ってしまうと、常識を疑われてしまいます。 でも地味過ぎるのも、結婚式の話ではふさわしくありません。 華美になりすぎず地味になりすぎないように、節度を守った服装を心がけて下さい。

結婚式に避けたい服装は?

結婚式に避けたい服装は? 結婚式で具体的に避けたい服装は、白いドレスです。 結婚式で白のドレスがNGである理由は、先程も述べたように「新郎新婦が主役」だからです。 白は花嫁だけの特権であり、招待客は身につけることは絶対に許されません。 またベージュや薄い黄色のドレスも、なるべく避けた方が無難です。 見方によっては、白色に見えてしまうことがあります。 白いドレスだけでなく、露出が高いドレスもNGです。 新郎新婦より目立つだけでなく、周囲の人から変な印象を与えてしまいます。 夜のパーティーならば多少の露出も構いませんが、昼間に開催される結婚式では露出を抑えて下さい。

アクセサリーのマナー

アクセサリーのマナー アクセサリー類は服装と同様、派手になりすぎないように注意することです。 また花嫁と同じアクセサリーを身につけるのは、絶対にタブーです。 花嫁が身につけているアクセサリーとしては、コサージュ等の大きな飾りや、キラキラとした素材で作られたアクセサリーがあります。 これらを身に着けてしまうと主役よりも目立ってしまうので、注意しましょう。