結婚式にもって行くべき基本的な持ち物

HOME » 結婚式の下準備 » 結婚式にもって行くべき基本的な持ち物

結婚式にもって行くべき基本的な持ち物

結婚式に持っていくべき持ち物は、

ご祝儀袋

ご祝儀

袱紗

招待状

財布

携帯やスマホ

携帯の充電器

カメラ

ハンカチとティッシュ

身だしなみを整えるもの

予備のストッキング・絆創膏

などです。

当日になって慌てて準備をすると必ず1つは家に忘れてしまうのがオチです。

前日までに準備を整え、結婚式に臨んで下さい。

結婚式で必ず必要になる物

結婚式で必ず必要になる物

結婚式で必ず必要になるものは、ご祝儀袋とご祝儀です。

万が一忘れてしまうと、ご自身の信用問題に深く関わります。

式場によってはご祝儀を用意してくれている所もありますが、現地でご祝儀の準備をするのはおすすめできません。

ご祝儀が必要となると、袱紗(ふくさ)も必要になります。

ご祝儀を何も包まずそのまま式場へ持っていくと、汚れが出て良くないとされています。

袱紗の色はお祝い事なので、明るい色のものを使いましょう。

招待状も、結婚式で持っていくべき持ち物の1つです。

招待状がなければ式場に入れないという訳ではありませんが、会場までのアクセス連絡先など、結婚式についての重要な情報が書かれています。

滞りなく結婚式に出席するためにも、必ず用意しておきましょう。

結婚式でもっていれば便利な物

結婚式であれば便利な物

携帯電話やスマホは言われなくても、結婚式に持っていく人がほとんどでしょう。

連絡先の交換や、写真撮影にも携帯電話は大活躍です。

ただし携帯電話を式場へ持っていく時は、必ずマナーモードにして下さい。

携帯電話を持っていくのなら、充電器も用意しておきましょう。

携帯電話を使うと、途中で充電が切れてしまうこともあります。

必ず必要になるというものではありませんが、充電器はあった方が何かと便利です。

ご祝儀袋に関するマナー一覧