式場に着いてからの立ち振る舞い

HOME » 式場に着いてからの立ち振る舞い

式場に着いてからの立ち振る舞い

当日の挨拶・祝儀袋の渡し方

結婚式当日の挨拶の方法 結婚式当日での挨拶はまず、受付担当者に「本日はおめでとうございます」や「お招きいただいてありがとうございました」と、言葉をかけましょう。 また「新婦の友人の◯◯です」と、新郎新婦との繋がりを言えば、受付担当者側は対応しやすくなります。 式場で新郎新婦の親族と会えば、受付の時と同じくお祝いの言葉をかけます。 中には結婚式で、初めて対面するという方もいらっしゃるでしょう。 変に緊張してしまう気持ちもわかりますが、礼儀を持って接すれば大丈夫です。

祝儀袋を渡すタイミング

祝儀袋を渡すタイミング ご祝儀を渡すタイミングは、新郎新婦とどういう繋がりがあるかによって変わります。 新郎新婦と血縁関係がないのならば、ご祝儀は結婚式当日・受付時に渡します。 ご祝儀袋はお祝い金を汚さないために、袱紗(ふくさ)に入れます。 祝儀袋をそのままの状態に持ち歩くのは、マナー違反です。 新郎新婦と血縁関係があれば、結婚式の前日までにご祝儀袋を渡します。 ただ直前にご祝儀袋を渡すとなるとバタバタしてしまい、却って迷惑をかけてしまうのがオチです。 できるなら結婚式の1周間前までに、渡すようにしましょう。 もし事前に渡すことが難しいのなら、結婚式当日でも構いません。

結婚式を欠席する時は?

結婚式を欠席する時は? 結婚式に事情があって出席できない場合も、ご祝儀をおくるのがマナーです。 本人に出席できないことを伝えた上で、その場でご祝儀を直接渡します。 直接渡すのが難しいのなら、現金書留で送ります。 送付する際には、結婚式に出席できなかったお詫びの手紙を同封しましょう。 結婚式のご祝儀や挨拶は、難しく感じるものです。 でもお祝いの気持ちを伝えることができれば、新郎新婦も喜んでくれるはずです。