HOME » 結婚式の下準備 » 招待状の返信に関するマナー

招待状の返信に関するマナー

結婚式の招待状は、基本的に1週間以内までに返信をするのがマナーです。
もっと具体的に言えば、2〜3日を目処に返信します。

新郎新婦は招待状の回答を元にして、会場の席次を決めます。
だから少しでも遅れてしまうと、新郎新婦を困らせてしまいます。

事前に出欠の旨を伝えていたとしても、招待状がきていれば、招待状で返信して下さい。

招待状に返信を書く時のマナー

招待状に返信を書く時のマナー

招待状の基本的なマナーは、毛筆や万年筆で書きましょう。
毛筆や万年筆がなければボールペンでも代用できますが、色は黒で統一して下さい。

返信メッセージを書き間違えた時は、修正液ではなく二重線で間違えた箇所をひきます。

また「。」や「、」は区切り・終わりを意味するので、うっかりと書かないようにしましょう。

結婚式に出席する場合

結婚式に出席する場合

結婚式に出席する場合、「御欠席」の部分を二重線で消します。

次に「御出席」の「御」の文字を二重線で消して、「出席」の部分に丸をつけます。
「御名前」「御住所」も同じく、「御」の文字を二重線で消しましょう。

そしてメッセージ欄(メッセージ欄が用意されていなければ空きスペースへ)に、一言お祝いのメッセージを書きます。

結婚式に欠席する場合

欠席する場合は、出席する時と同様に「御」の文字を二重線で消します。

次に、「御出席」の部分を二重線で消しましょう。
欠席理由も招待状に記しますが、法事や体調が思わしくない理由で欠席するのなら書き方に注意です。

また返信のタイミングにも、注意が必要です。

招待状は早い目に返信するに越したことはありませんが、欠席する場合は1週間ほど時間をおいてから、返信するのがマナーです。

ただし期限ギリギリに返信すると、却って迷惑になるので注意して下さい。