結婚式での服装マナー【男性編】

HOME » 結婚式の下準備 » 結婚式での服装マナー【男性編】

結婚式での服装マナー【男性編】

男性が心がけたい結婚式での服装は、スーツが基本です。

色は無難にいくのなら黒のスーツがおすすめですが、“絶対に”黒にしなければならないという訳ではありません。

例えばカジュアルな結婚式に招待されているのなら、カジュアルなスタイルのスーツで臨むのも手です。

最近は英国テイストなスーツが人気で、結婚式で着る男性を多く見かけます。

結婚式でNGの服装

結婚式で絶対に着てはならないスーツは、白や派手な色のスーツです。

白は新郎新婦だけの色になるので、絶対に避けるべきです。

ワイシャツやネクタイが白色ならば問題ありませんが、白いスーツは絶対に辞めて下さい。
派手な色のスーツもNGです。

ゴールドのきらびやかなスーツを着てしまうと、主役である新郎新婦よりも目立ってしまいます。

そもそも主役は新郎新婦であり、招待客ではないのです。

ネクタイは基本的に何でも構いませんが、黒は喪服をイメージするので、お祝いの場にはふさわしくありません。

またアニマル柄のネクタイも、殺生をイメージするので結婚式の場に身につけるのはタブーです。

無難なものを選ぶのなら、派手目なものではなくシンプルな柄を選びましょう。

結婚式での小物マナー

ネクタイピンは、「必ずこのネクタイピンを使わなければならない」というルールはありません。

縁起の悪いモチーフのネクタイピンはNGですが、シンプルデザインのネクタイピンで十分です。

靴は、黒の革靴かエナメル素材のものがおすすめです。
スニーカーなどのカジュアルな靴は、お祝いの場にふさわしくありません。

また動物をイメージする靴も「縁起が悪い」とされるので、辞めておきましょう。